一般内科・呼吸器内科
アレルギー科・健康診断

048-240-6604

埼玉県川口市栄町3丁目11-27 Hiro Build.2F

かかりつけ医を持ちましょう

アレルギー科

アレルギー科での診療疾患

アレルギー性疾患は、アトピー性皮膚炎、花粉症などアレルギー性鼻炎、気管支ぜんそく、食物アレルギー、アレルギー結膜炎、シックハウス症候群など化学物質過敏症などがあります。アレルギー性疾患は、私たちの身体が本来もっている免疫システムの調子が狂い、過敏に反応してしまうことから起きる病気です。

主な疾患

  • 気管支ぜんそく
  • 咳ぜんそく
  • アトピー咳嗽
  • 長引く咳

アレルギーの症状

人間は体には、自分のからだにないもの、なじまないもの(異物)を見分ける力が備わっています。 体の中に異物などの「抗原」が侵入してくると、「抗体」を作って排除しようとします。この働きが免疫反応で、抗原を無害化します。しかし、なかには抗原と抗体が反応して、異常に過敏な症状があらわれることがある。これがアレルギー反応です。

アレルギーの原因

体質的な原因

  • 吸引物(ハウスダスト、花粉、ペットの毛、カビなど)
  • 食事(牛乳、卵、鯖、蕎麦など)

環境的な原因

  • タバコの煙、排気ガス、風邪などのウィルス、ストレスなど
  • その他にも多数の原因があります。それぞれが複合的にからみあって、アレルギー疾患となるようです。

その症状、実はアレルギーかもしれません!!

アレルギー39検査報告書
クリックで拡大します

当院では、スギ・ヒノキ・ダニをはじめ牛乳・そば・エビなど・・・
一度の採血で39種類の原因、アレルゲンへの感作を調べられます。

カバノキ科ハンノキ属(ハンノキ)・カバノキ属(シラカバ)はバラ科果物(リンゴ・モモ・サクランボなど)、イネ科とブタクサはウリ科果物(メロン・スイカなど)、ヨモギはセリ科野菜(セロリ・ニンジンなど)と交差反応を引き起こしやすいと言えます。
なおラテックスアレルギーではアボガド・クリ・バナナなどに交差反応して、アナフィラキシーを誘発する場合があります。

アレルギー疾患の予防策

生活改善はアレルギー疾患だけでなく、生活習慣病の予防にもつながります。

予防策.1
部屋をこまめに掃除する
予防策.2
タバコは吸わない
予防策.3
アルコールは適量にしておく
予防策.4
適度な運動をする
予防策.5
ビタミン類やミネラルを多く含んだ食事を摂る
予防策.6
鮮度の落ちた魚介類は食べない
予防策.7
食品添加物はなるべく避ける

アレルギー疾患の治療

吸入薬(ステロイド・気管支拡張剤)、抗アレルギー薬等を用います。