一般内科・呼吸器内科
アレルギー科・健康診断

048-240-6604

埼玉県川口市栄町3丁目11-27 Hiro Build.2F

かかりつけ医を持ちましょう

リウマチ科

リウマチとは

リウマチは、全身のさまざまな関節にが腫れや痛みが生じ、しだいに関節や骨が破壊され変形していく病気です。
高齢者の病気と思われがちですが、年齢別でみると、30~50歳代で発症した人が多く、男女比では女性に起こりやすい病気でもあります。
初期症状には、からだがだるい、熱っぽい、食欲がないなどの症状が現れ、その後、関節が腫れる、むくみが出る、痛む、などの症状へとつながります。
さらに関節リウマチは、「自己免疫疾患」の一つで、全身のさまざまな関節に炎症を起こし、腫れや痛みが生じます。

病状

  • 起床時、関節が動かしにくい
  • 関節が腫れる
  • 痛みがある
  • 身体がだるい
  • 熱がある
  • 食欲がない

リウマチの特徴

一般に、骨や関節、筋肉などの、運動器官が炎症を伴って侵される病気を総称して「リウマチ性疾患」といいます。
その中でも、関節に炎症が続き、関節が徐々に破壊され、やがて機能障害を起こす病気が「関節リウマチ」なのです。
関節リウマチの特徴的な症状は「関節の腫れ」で、もっとも起きやすいのが、手首や手足の指の関節です。
また、「対称性」と呼ばれ、左右両側の関節にあらわれることが多いです。
関節リウマチとよく似た病気に「変形性関節症」があります。これは、関節を動かしたときに痛みが出やすいものです。
一方、関節リウマチは、腫れを伴って、じっとしていても痛いのが大きな特徴です。